産学連携プロジェクトのミーティングに参加させていただきました!【松阪商業高校×相可高校×明野高校×まつぶた×伊勢屋精肉店】

インフォコネクト・スタッフブログ

こんにちは!WebライターのCHIKAKOです。

先日、弊社のお客様であるまつぶたさんからお声がけいただいて、地元高校生と一緒に進めているプロジェクトのミーティングに参加させていただきました!

今回のスタッフブログは、2021年7月30日に行われたミーティングの様子やプロジェクトの内容をお伝えしていきます!
 

松阪商業高校×相可高校×明野高校×まつぶた×伊勢屋精肉店

松阪商業高校×相可高校×明野高校×まつぶた×伊勢屋精肉店によるコラボ商品の開発。
実はこの企画、2020年11月から始動していました。

当初は、東京にある三重のアンテナショップ「三重テラス」のオンラインショップから、まつぶたさんへ商品販売の依頼が来ていたそうです。

「せっかくなら、以前から交流のあった高校生や伊勢屋精肉店さんたちと一緒に商品開発をすると面白いかも…」とのことで、この3校とまつぶたさん、伊勢屋精肉店さんの産学連携プロジェクトがスタートしました。

産学連携プロジェクトのミーティングに参加させていただきました

それぞれの役割分担は?

伊勢あかりのポーク」を育てている明野高校生産科学学科の生徒さんが「伊勢あかりのポーク」を提供、その精肉を伊勢屋精肉店さんが担当します。

そして、まつぶたさんは「松阪豚」を提供します。

相可高校食物調理科の皆さんは、レシピの考案を担当し、松阪商業高校SPBの皆さんが広報や販路開拓、パッケージデザインなど各種とりまとめ役となります。
 

コロナ禍で苦戦続きの打ち合わせ

ただ、三重県でも5~6月にかけてまん延防止等重点措置がとられ、顔を合わせてミーティングをすることが困難な状態に。

そのころには商品内容は決まっており、レシピの開発段階。そのため、オンライン試食会を何度も開催したそうです。

相可高校で作った試食品は、相可高校の生徒さんが真空パックにしたものを各校、各企業へ送り、それぞれで試食してからZoomでのミーティングに参加。

何度も苦労しながら試食を重ねて、ようやく商品のレシピが完成されました!

そんな苦労を重ねた商品、どんなものか気になりますよね。
私も早く食べてみたいです!!
 

今回のミーティングは商品パッケージ決め

そんな経緯があり、今回私が参加させていただいたミーティングは、パッケージ決めでした。

各校の意見を基にあらかじめデザインされたものが配布されました。デザイン担当は、松阪の地元企業で、包装資材のパッケージデザインや印刷をされている紙小津産業さん。

すでにステキなパッケージに仕上がっていましたが、それをさらにブラッシュアップするために、話し合いが持たれました。

産学連携プロジェクトのミーティングに参加させていただきました

各校の生徒さんが発表する場面では、高校生のフレッシュな意見に新鮮味を感じました。
 

気になるコラボ商品の内容は?

ここで初めて商品のイメージ写真を見ましたが、と~っても斬新な商品でした!

似たようなものはたくさん出回っていますが、これを合わせるとは!!といった感じのものなので、商品が発売されるのをお楽しみに♪

販売は、各学校でのイベントやまつぶたさん、伊勢屋精肉店さんはもちろん、ぎゅーとらさんにも協力してもらえるそうです。

販売開始は9月中を予定しているようですが、前後する可能性もあります。

高校生たちの熱い思いが詰まった商品、私も楽しみにしていますし、皆さんにも味わっていただきたいなと思います。

販売時期が決まりましたら、ここでもお知らせしますね~♪

松阪商業高校 SPB
https://mie-matsusho.jp/

相可高校 食物調理科
http://www.mie-c.ed.jp/houka/

明野高校 生産科学学科
http://www.mie-c.ed.jp/hakeno/

山越畜産 松阪豚専門店 まつぶた
https://matsu-buta.com/

伊勢屋精肉店
https://iseya-meat.com/
 

スタッフブログ」の関連記事

インフォコネクトに
相談してみませんか?

経営コンサルティングやITサービス活用支援、ホームページ制作などに関するご依頼や、ご質問・ご相談など、なんでもお気軽にお問い合わせください。