インフォコネクト図書館:極主夫道(おおのこうすけ)

インフォコネクト・スタッフブログ

皆さんこんにちは、インフォコネクト図書館館長のERIです。

最初は、社長がキングダムを持ってきたときに私が食いついたところから始まり、今となっては、いろんなマンガが増えつつあります。マンガ喫茶ほどの数はありませんが、少しずつ作品が増えていて嬉しい限りです^^

そこで、インフォコネクトにあるマンガの中から1作品ずつブログでご紹介させていただこうという企画、名付けて『インフォコネクト図書館』をスタートしたいと思います!※若干ネタバレ注意。
 

極主夫道

インフォコネクト図書館の記念すべき第一回目にご紹介するマンガは、2018年に「くらげパンチ」というWebコミックサイトで短期連載をされ、2020年末に玉木宏主演でテレビドラマにもなった『極主夫道』です!

作者の「おおのこうすけ」氏は滋賀県の出身だそうで、関西圏の方なら何となく聞いたことのある縁の物をもじった名前が出てくるのもあります。

ドラマも面白かったんですが、マンガは実写では演出しきれない雰囲気が見事に表現されていて、シュールとカオスでもうお腹いっぱいになります(。-∀-)

こちらの作品をドラマ化になる以前から知っていた私は、社長に激しくオススメしておりました!

インフォコネクト図書館:極主夫道(おおのこうすけ)

館長の個人的な注目Pointとしては、
・極道の中で伝説なるほど有名だった「龍(タツ)」が結婚し「専業主夫」をしている
・奥さん「美久(ミク)」が異常に不器用すぎる
・周り(特に警察官)に勘違いされながらも「専業主夫」の仕事をやりきる
・何か事件が起こりそうで何も起こっていない「日常コメディ」
・ただ昔の名残がありすぎて言動すべてが極道すぎる
と、何もかもがもの凄くギャップ過ぎる物語に、この作品に出合った私はハマってしまいました。

「龍(タツ)」自身が、懸命に主夫業をこなす日常が描かれていますが、もしかしたら極道の世界よりも険しい道なのかもしれない!と、主人公と一緒に思わずにはいられない物語です。

 インフォコネクト図書館:極主夫道(おおのこうすけ)出典:極主夫道 コミックス1巻より

自信をもってオススメです!読みながら感情が溢れ出てしまうタイプの私には、誰もいないところでしか読めないマンガです。。。( *´艸`)ブハッ!!!

ただ、このブログを書く際の写真撮影でマンガを並べて、ハッと気づいたら読んでいたことは内緒です。。。(´-ω-`)
 

まとめ

他にも社長におススメしている作品が沢山ありますので、専用の本棚を用意しようと稟議をあげておりまして決裁が通ろうとしているところです←

今のところマンガが多いのですがw
流行には乗ったり乗らなかったり。。。。

これからもインフォコネクト図書館にある書籍をご紹介していく予定ですが、他にも面白い作品があればとりあげていこうと思いますので、どんどん更新させていただきますね!

スタッフブログ」の関連記事

インフォコネクトに
相談してみませんか?

経営コンサルティングやITサービス活用支援、ホームページ制作などに関するご依頼や、ご質問・ご相談など、なんでもお気軽にお問い合わせください。