インフォコネクト図書館:ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~(麻生羽呂, 高田康太郎)

インフォコネクト図書館

皆さんこんにちは、休日の予定がない日はYouTube・TikTok・録画した番組・マンガで1日が終了しちゃうインフォコネクト図書館館長のERIです。

録画した番組見ながら、TikTokまたはマンガを読む技術が身につきました。
両方の内容を把握しているようでしていません笑。

今回も、弊社にあるマンガの中から1作品ずつブログでご紹介させていただく『インフォコネクト図書館』さっそく見ていきましょう♪※ネタバレ注意。
 

ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~

こちらは、私が読んでいたというよりは、社長が「何かオススメマンガある?」という会話から、たまたまSNS広告で見つけた作品になります。

Σ(゚Д゚){え、お主。最近広告に釣られ過ぎん??

という言葉は皆さんの心の中にしまっていただいて。。。
でも、こういった広告の魅せ方がお上手なんです。

これまた、前回ご紹介した「SPY×FAMILY」みたいなちょっとした裏切り?ギャップがあるマンガですね。

ゾンビ映画・ドラマのあるある

・ある日、目が覚めたら世界がゾンビ化となっていた
・主人公は絶望を感じながらもどうにかして生きていく
・たまたま外出していた家族(or恋人)は無事で感動の再開
・途中でたまたまであった友人とも再開
・ゾンビフラグはたくさん散らばる
・だけど、最後はだいたいゾンビになっちゃう
・ギリギリ生き延びたけど、犠牲もたくさん

とまあ、挙げだしたらキリがないのでこの辺で。要はちょっとシリアスな感じなんですよね。

ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~」は、コメディが混じっているのと、主人公のモチベーションが違うので、上記の"あるある"もなくはないんですが、笑えるゾンビねたとなっています。

 インフォコネクト図書館:ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~(麻生羽呂, 高田康太郎)出典:ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~

タイトルだけを見ると(館長偏見)、「ゾンビ」とあるので、上記の様に絶望的な世界状態から、少しでも生きる希望をもって、1つずつやりたいことを成し遂げて進めていくようなイメージをしていました。それがドッコイ。

館長の個人的な注目Point

・ゾンビネタなのに、表紙がPOP
・新卒で制作会社に就職した主人公「天道 輝(てんどうあきら)」
・ある日、出勤しようと外に出ると周りにはゾンビだらけ
・世界の事実(ゾンビ化)を認識したとたん、ふと気づき叫ぶ
・「やったー!」

えっ?
 えっ?

世界がゾンビ化してむしろ喜ぶってどういうこと??
って思いません?

主人公の天道はそれまでモノトーンで世界が覆われたような日々を過ごしていたのですが、ゾンビ化したその日から「青い空!緑の木々!真っ赤な血!」と、世界が色鮮やかに感じ過ごせるようになるんです。

広告はもう少し上手に出ていましたが、これでほぼ心を鷲掴み。。。

もう、本編が気になって仕方なく、社長にオススメマンガとして紹介しました(笑)
読み進めていくと面白い展開が待っており、マンガならではのありえない展開もあって次の新刊が早く出てこないか待ち遠しいです!

インフォコネクト図書館:ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~(麻生羽呂, 高田康太郎) 

まとめ

「ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~」ってことで、主人公のやりたことをどんどんこなしていくのがストーリーの軸にあるんですが、その中の1つに「CAとコンパ」があって。

これは無理でしょうwwwと思って読み進めていくと面白いかもですね!
次回も乞うご期待!

スタッフブログ」の関連記事

インフォコネクトに
相談してみませんか?

経営コンサルティングやITサービス活用支援、ホームページ制作などに関するご依頼や、ご質問・ご相談など、なんでもお気軽にお問い合わせください。