働き方改革に向けた勤怠管理の第一歩!クラウド勤怠管理システム

インフォコネクト・スタッフブログ

 

こんにちは、クリエイターのSHOJIです。
政府が「働き方改革」を推進する中、働き方改革による子育て・介護と仕事の両立に関心が高まり、勤務形態や雇用形態の多様化も進みつつあります。

企業は「フレックスタイム制」「裁量労働制」といった勤務形態や、「正社員」「契約社員」「派遣社員」「パート」「アルバイト」などの雇用形態に対応しなければならないとともに、働き方改革に向けて長時間労働を抑制するため、正確かつリアルタイムに従業員の就業状況を把握し、的確に指導することが求められています

未だ多くの小規模事業者・中小企業では、勤怠管理をエクセルで行っているところも多いのが現状ですが、確認や修正に手間が掛かるだけでなく勤怠管理業務が担当者に集中してしまいます。
今後さらに勤務形態・雇用形態の多様性や従業員の増減に応じて勤怠管理の負担が大きくなることを考えると、正直お勧めはできません。

そうした中、複雑になりつつある勤怠状況をリアルタイムに一目で把握できるクラウドサービス型の勤怠管理システムに注目が集まりつつあります。
勤怠管理システムの運用方法やメリットなどを知ってビジネスに活かしましょう。
 

クラウド勤怠管理システム

クラウド勤怠管理システムは、従業員の勤怠情報をクラウド上で管理できるシステムです。従業員ごとに勤怠管理システム用のアカウントを作成し、出退勤の打刻や勤務時間の管理を行います。

今まで通りの専用タイムレコーダーによる打刻に加え、パソコンやタブレット・スマートフォンなどデバイス問わずに社内外から出退勤の打刻が可能です。
クラウド上で勤怠情報を集積するため、事業所が複数拠点にまたがる場合でも集計を瞬時に行えるのが特徴です。

また、勤怠情報を管理者用アカウントでリアルタイムに管理できるため、事前に不正な勤怠や過剰な長時間労働を防ぐことも可能です。
さらに、パッケージ・インストール型の勤怠管理システムのようにデータを管理するサーバー環境を整備する必要がないので、小規模事業者や中小企業のような少人数の組織でも導入しやすいのも特徴です。
 

メリット
・勤怠情報をリアルタイムに管理できるため、事前に不正な勤怠や過剰な長時間労働を防ぐことができる
・PCやスマホなどデバイス問わずに出退勤の打刻が可能なため、多様な就業形態に対応ができる
・クラウド上で勤怠情報を集積するため、事業所が複数拠点にまたがる場合でも現地にタイムカードを集めに行く必要がない
・アップデートが即システムに反映されるため、法改正による勤怠に関する法改正などにもすぐに対応できる
給与計算への連携も簡単にできる
 

まとめ

クラウド勤怠管理システムは、導入に関する初期費用の負担が少なく低コストで利用することができます。
また、事業所が複数拠点にまたがる場合でも勤怠情報をリアルタイムに集中管理することが可能なため業務の効率化に繋がるとともに、給与計算への連携も簡単に行うことができます。

多少の知識は必要ですが、苦手なエクセルを覚えたり作成や修正に手間取って無駄な時間と労力を費やすことを考えると、簡単に利用できるように画面設計されたクラウド勤怠管理システムの方が、PCやスマホに慣れた方であれば抵抗なく気軽に対応できると思います

大規模システムの導入や専用端末が不要で低コスト、さらに機能も豊富なクラウド勤怠管理システム。
数多くのシステムがリリースされているため、自社の抱える課題を解決してくれるシステムがどれなのか判断に迷われることと思います。

インフォコネクトでは、お客様の環境に応じた勤怠管理システムの提案から導入、運用サポートまで一貫して支援させていただいています
必ずお客様の抱える勤怠管理の課題解決にお役に立つことができると考えていますので、クラウド勤怠管理システムの導入・運用をご検討の方は、お気軽に弊社までお問い合わせご相談ください
 

働き方改革に向けた勤怠管理の第一歩!クラウド勤怠管理システム

スタッフブログ」の関連記事

インフォコネクトに
相談してみませんか?

経営コンサルティングやITサービス活用支援、ホームページ制作などに関するご依頼や、ご質問・ご相談など、なんでもお気軽にお問い合わせください。