サーチコンソール「ビューが選択されていません」エラー解除手順

Google関連サービスの豆知識

こんにちは、チーフクリエイターのSHOJIです。

前回お届けした豆知識『Googleアナリティクス4(GA4)とサーチコンソールの連携方法』では、アナリティクスとサーチコンソールとの関連付けの設定についてご紹介しました。

参考:Googleアナリティクス4(GA4)とサーチコンソールの連携方法
https://info-con.co.jp/tips/google-23-ga4_searchconsole/

その関連付け設定の際、アナリティクスプロパティに「ビューが選択されていません」なんて表示され焦ったりしませんでしたか?

そこで今回は『サーチコンソール「ビューが選択されていません」エラー表示の解除』と題して、解除方法の設定について解説していきます。

解除方法

① サーチコンソール[設定]→[協力者]と進んで「ビューが選択されていません」と表示されていないか確認します。

サーチコンソール「ビューが選択されていません」エラー解除手順

②「ビューが選択されていません」と表示されているアナリティクスプロパティ右の三点リーダー(その他の操作ボタン)をクリックして[別のビューを選択]をクリックします。

サーチコンソール「ビューが選択されていません」エラー解除手順

③「Serch Console Insightsで使用するビューを選択してください」とウインドウが表示されるので、使用するビューにチェックが入っていることを確認して、右下の[確認]をクリックします。

サーチコンソール「ビューが選択されていません」エラー解除手順

④ ビューが更新されます。

サーチコンソール「ビューが選択されていません」エラー解除手順

⑤[関連付けられているサービス]画面へと切り替わりますが「ビューが選択されていません」の表示はそのままなので、この画面のまま強制リロードすると表示が消えます。

サーチコンソール「ビューが選択されていません」エラー解除手順

以上の設定で、サーチコンソール「ビューが選択されていません」表示の解除が完了します。

あとがき

最終的に強制リロードをするために「最初から強制リロードすればいいのでは?」と思われるかもしれませんが、①の段階で強制リロードしても表示は消えないため、結局この手順となります。

「ビューが選択されていません」と表示されていてもサーチコンソールから何の通知もなく、特に問題なく機能してはいるのですが、こんな表示がされていると気持ちいいものではないですよね。

また、この記事を見てはじめてこのエラー表示を知った方は、一度確認してみてください!
 

Webの豆知識」の関連記事

インフォコネクトに
相談してみませんか?

経営コンサルティングやITサービス活用支援、ホームページ制作などに関するご依頼や、ご質問・ご相談など、なんでもお気軽にお問い合わせください。