初心者がひっかかる落とし穴!!Contact Form 7で「Reply-To 項目に不正なメールボックス構文が見られます」と表示された場合の対応

WordPressの豆知識

こんにちは、チーフクリエイターのSHOJIです。

WordPressを利用されている方のほとんどが、様々な理由からサイト内にお問い合わせフォームを設置しており、しかも、初心者でも簡単に実装できることから、プラグイン『Contact Form 7』が一般的に使われているのが現状です。

そんな『初心者でも簡単に実装できるプラグイン』なだけに、時として、初心者の方には対応できない問題に直面する場合があります。

今回の豆知識は『「Reply-To 項目に不正なメールボックス構文が見られます」と表示された場合の対応』と題して、サイト制作初心者であるTwitterのフォロワーさんからいただいたご相談を元に、ご紹介させていただきます。

相談内容

ご相談いただいた内容は、Contact Form 7を利用してフォームを設置する際に「Reply-To 項目に不正なメールボックス構文が見られます。」といったエラー表示が出て困っているというもの。

初心者がひっかかる落とし穴!!Contact Form 7で「Reply-To 項目に不正なメールボックス構文が見られます」と表示された場合の対応

相談者ご自身でいろんな情報サイトを確認したところ、
①フォームタブパネルに[email* your-email]タグがない
②メールタグの[email* your-email]設定が間違っている
③メールタグが[text* your-email]とテキスト入力になっている
等のエラーの原因が紹介されていたため、修正してみたがエラー表示が消えずにお困りでした。
 

状況確認

初心者がひっかかる落とし穴!!Contact Form 7で「Reply-To 項目に不正なメールボックス構文が見られます」と表示された場合の対応

上図を見ていただければ、ほとんどの方はすぐに修正ポイントが分かったことと思います。

【誤り】[email your-email]
  ↓
【正解】[email* your-email]

そうです、「必須項目」を意味する「*」の入力漏れがエラーの原因でした。

初心者がひっかかる落とし穴!!Contact Form 7で「Reply-To 項目に不正なメールボックス構文が見られます」と表示された場合の対応

上図のように[email* your-email]と「*」を付与することで改善されました。

「えっ?そんな簡単なことだったの???」 相談者の驚きの第一声がこれ笑。

初心者がひっかかる落とし穴!!Contact Form 7で「Reply-To 項目に不正なメールボックス構文が見られます」と表示された場合の対応

そもそも[email your-email]と設定されている時点で、
①フォームタブパネルに[email* your-email]タグがない
②メールタグの[email* your-email]設定が間違っている
等と、エラーの原因が上記①②どちらにも当て嵌まっていたのですが、まさか「*」の有無が問題だとは思わなかったとのこと。。。

しかし、この「*」の有無こそが重要であることから、まさしく「初心者がひっかかる落とし穴」といえる相談内容だったと言えますね。
 

メールヘッダ「Reply-To」とは?

今回の相談内容において、サイト制作に関わる者として常識的に知っておかなければならない点が、メールヘッダ「Reply-To」というものです。

メールには差出人(From)や宛先(To)、件名(Title)に本文(Content)といったメールヘッダと呼ばれるメールのプロパティ情報を持っています。

これらの他に、メールを送信した際に何らかの原因でエラーとなり正常に送信できなかった場合にエラーの通知先となるメールアドレスを設定する『Return-Path』や、受信したメールに直接返信する際に返信先となるメールアドレスを設定する『Reply-To』等もあります。

今回のエラー表示は、このメールヘッダ『Reply-To』について十分な知識を持っていなかったことが起因していました。

受信したメールに直接返信する際に返信先となるメールアドレスを設定するための『Reply-To』であれば、メールアドレスの入力が必須項目である必要があります。。。メールアドレスが入力されていなければ、直接返信することができませんからね。

この点を理解しておけば、必須項目を意味する「*」の有無に気付かないことはなかったでしょう。

もし、メールアドレスの入力を必須項目としないのであれば、プラグイン内の追加ヘッダーで設定されている『Reply-To:[your-email]』を削除することで、エラー表示を消すことができます。
 

最後に

『「Reply-To 項目に不正なメールボックス構文が見られます」と表示された場合の対応』と題してご紹介した今回のWordPressの豆知識、いかがだったでしょうか?

相談内容としては、プラグイン「Contact Form 7」についてのトラブルシューティングでしたが、実際はプラグインの問題というよりも「電子メールに関する知識」の問題だったように感じます。

そういった意味でも「初心者がひっかかる落とし穴」でしたね。

以前にも文末に記しましたが、今回ご紹介した相談内容に関しては、Webに関わろうとする方には初歩的な部分なので、自らミスに気付く程度の知識は必要だと思います。

サイトを制作していく上ではもっと困難で重要な問題に直面することと思いますが、基礎的な知識をしっかりと習得していれば必ず問題解決していけるはずです。

この記事が少しでもみなさんの参考になれば幸いです。
 

Webの豆知識」の関連記事

インフォコネクトに
相談してみませんか?

経営コンサルティングやITサービス活用支援、ホームページ制作などに関するご依頼や、ご質問・ご相談など、なんでもお気軽にお問い合わせください。