サブディレクトリにインストールしたWordPressサイトをドメイン直下のルートディレクトリ表示に変更する方法

WordPressの豆知識

こんにちは、チーフクリエイターのSHOJIです。

間もなく新年度を迎えるにあたり「新しいことにチャレンジしてみよう!」なんて、素敵な目標を掲げられている方も多いのではないでしょうか?

このブログをご覧いただいている方の中にも、今春Webサイト制作会社に就職される方や、新たにWordPressを利用した動的サイトの制作を始めようと考えている方もおられるはず。。。

そこで今回のWordPressの豆知識では『サブディレクトリにインストールしたWordPressのURLをドメイン直下のルートディレクトリ表示に変更する方法』と題してお届けしてみたいと思います。

WordPress管理画面からサイトアドレスを変更

まずは、WordPress管理画面からサイトアドレスの設定変更を行います。

①[設定]→[一般]をクリック
  ↓
「サイトアドレス(URL)」内のURLから『wp』を削除
  ↓
③ 削除後[変更を保存]をクリック

サブディレクトリにインストールしたWordPressサイトをドメイン直下のルートディレクトリ表示に変更する方法

この手順②において、誤って「WordPressアドレス(URL)」を変更しないよう注意してください。
 

設定ファイルの編集

次に、WordPressがインストールされたディレクトリから「.htaccess」と「index.php」の2つのファイルをダウンロードして、内容を修正します。

「wp-config.php」と同じ階層にある「.htaccess」「index.php」ファイルをダウンロード

サブディレクトリにインストールしたWordPressサイトをドメイン直下のルートディレクトリ表示に変更する方法

② ダウンロードした「.htaccess」ファイルを編集

サブディレクトリにインストールしたWordPressサイトをドメイン直下のルートディレクトリ表示に変更する方法

③ ダウンロードした「index.php」ファイルを編集

サブディレクトリにインストールしたWordPressサイトをドメイン直下のルートディレクトリ表示に変更する方法

この手順③④において、インストールディレクトリ名を「wp」としていますが、ディレクトリ名が異なる場合は「wp」の部分を適宜変更してください。


 

設定ファイルをアップロード

続いて、修正した2つのファイルをルートディレクトリ(WordPressがインストールされている「wp」ディレクトリと同じ階層)にアップロードします。

サブディレクトリにインストールしたWordPressサイトをドメイン直下のルートディレクトリ表示に変更する方法

この時、先ほどの手順①で元のファイルをダウンロードしたディレクトリとは違う階層になるため注意してください。誤って同じディレクトリへアップロードしてしまうと、元のファイルが上書きされてしまいサイトが表示されなくなります。
 

WordPress管理画面からパーマリンクをリセット

最後に、WordPress管理画面からパーマリンクをリセットします。

①[設定]→[パーマリンク]をクリック
  ↓
特に設定を触ることなく[変更を保存]をクリック

サブディレクトリにインストールしたWordPressサイトをドメイン直下のルートディレクトリ表示に変更する方法

以上で、サブディレクトリにインストールしたWordPressサイトをルートディレクトリ表示に変更する作業は完了です。WordPress管理画面にて変更したURLにてアクセスし、表示や挙動に問題がないか確認してみてください。
 

あとがき

いかがだったでしょうか?そんなに難しい作業もなく表示が変更できたことと思います。

パーマリンクのリセットに関しては行わなくても正常に表示される場合もありますが、サイト内のリンクが正常に動作しない恐れがあるため必ずリセットしておくことをお勧めします!

また、常識ではありますが、必ずバックアップをとってから変更作業を行うよう心掛けましょう。
 

Webの豆知識」の関連記事

インフォコネクトに
相談してみませんか?

経営コンサルティングやITサービス活用支援、ホームページ制作などに関するご依頼や、ご質問・ご相談など、なんでもお気軽にお問い合わせください。