不思議なカタチのマウスで腱鞘炎対策!?おすすめグッズをご紹介

インフォコネクト・スタッフブログ

 

こんにちは、アシスタントのMASAKIです。

弊社に入社する前もパソコンを使う時間は少なくなかった私ですが、仕事でもPCを使うようになり、前にも増して使用時間が多くなりました。それに加えてゲーム好きでもある私は、ゲーム機やスマホなどを使うことも多く、手に負担がかかりがちです。

手や手首の痛み、だるさを感じることもしばしばありますが、そうした症状を大したことないだろうと思って放っておくと、悪化して「腱鞘炎」や「ドゲルバン病」になってしまうなんてこともあるそうです。

「これはなにか対策せねば!」ということで、私が現在、自宅で使っている手の負担を抑えるためのグッズを2つご紹介いたします。

Logicool ロジクール MX Vertical アドバンスエルゴノミックマウス MXV1s -1
Logicool ロジクール MX Vertical アドバンスエルゴノミックマウス MXV1s -2

 

社内でもへんてこなマウスを使っているということで、SHOJIさんに前回の記事で私のトラックボールマウスを紹介していただきました。そんな私が自宅で使っているのは「Logicool ロジクール MX Vertical アドバンスエルゴノミックマウス MXV1s 」です。

エルゴノミクスマウスと呼ばれる一風変わったマウスで、一見使いにくそうに見えるかもしれませんが、これがなかなかのスグレモノなんです。

通常のマウスは上から握るように持ちますが、実はその持ち方は手首や筋肉に負担がかかりやすいんです。それに対してエルゴノミクスマウスは見ての通り縦型の形状が特徴で、手首が横になるような感じで握ります。 人間工学に基づいた自然な持ち方で握れるようになっているので、通常のマウスよりかなり手の負担を減らせるようになっています。実際に使ってみると特に違和感もなく、手や手首が疲れにくいので長時間使っていても楽に作業できました。

PYKES PEAK 親指/手首サポーター

エルゴノミクスマウスと一緒に購入して使っているのがこちらの「PYKES PEAK 親指/手首サポーター」です。家にいる間ずっとつけているというわけではありませんが、手が少しだるいなあと感じ始めたときに、装着して使っています。

痛みが出る前にこうしたサポーターで固定することで、患部の回復を早める効果が期待できます。金属のプレートが入っているのでしっかり固定されて、つけているだけで手が楽になります。

まとめ

私が使っている対策グッズを2点ご紹介しましたが、結局のところ一番の対策は指や手首に違和感やだるさ、痛みを覚えたら早めに休憩をとることです。「腱鞘炎」や「ドゲルバン病」は指や手首の使いすぎによって発症し、一度なってしまうとなかなか治りません。

指や手首の異変に気づいた時点で放置せずに早めにケアをして、それ以上悪化させないように気をつけたいですね。

スタッフブログ」の関連記事

インフォコネクトに
相談してみませんか?

経営コンサルティングやITサービス活用支援、ホームページ制作などに関するご依頼や、ご質問・ご相談など、なんでもお気軽にお問い合わせください。