インフォコネクト図書館:メイドインアビス(つくしあきひと)

インフォコネクト図書館

皆さんこんにちは、アイスがおいしい季節ですね!と言いたいところですが、そもそもアイス自体が一年中販売されているので、アイスの季節とは?と混乱に陥ってるインフォコネクト図書館館長のERIです。

インフォコネクト図書館も着実に回を重ねておりますね!
さっそく見ていきましょう♪※ネタバレ注意。
 

メイドインアビス

こちらは、社長がオススメしていたコミックで、Theファンタジーな内容となっております!!

イラストのタッチがパッと見ゆるフワな感じで、内容はとても面白いのですが、よく見ると背景がしっかりと描写されている部分もありまして、細かく繊細な部分が感じ取れるような作品となっております!

イラストじゃなくて芸術作品ですねこれは。。。

内容としては、設定が細かくて『メイドインアビス』の世界観がよく分かるように、たまに挿絵が入り読んでいてストーリーから置いてきぼりにならないようになっています!

 インフォコネクト図書館:メイドインアビス(つくしあきひと)出典:メイドインアビス
館長の個人的な注目Point

・他のマンガ作品とは違うイラストのタッチ
・巨大な縦穴「アビス」の探窟家見習いの主人公「リコ」
・ある日母親からの封書をきっかけにアビスの深層へ向かう
・そのアビス内で出会う上級探窟家や、不思議な姿をした獣人
・ただ、下層へ進むにつれて段々と辛い内容となっております

1巻辺りまでは、探窟家見習いの子供たちが「アビス」の最下層まで行けるように頑張る微笑ましい内容ですが、アビスの底を目指し始めてから、やっぱり雲行き怪しくなります

個人的にはかなりトラウマものの「鬱展開」が待ち受けておりまして、読んでいて辛いんですが、良きタイミングでちょっと希望が見えてくるので、次の展開が気になる作品です。

さらに、途中途中で出会う獣人が可愛いんです。

個々のキャラクターは可愛いのに、ストーリーが段々と容赦ない鬱展開なので、ちょっと気持ちが追い付いてこないところがありますね。

実は公式アンソロジーがあり、「アビス大好き作家陣」として、いろいろな作家さんが思い思いのストーリーを描かれておりまして、それがまた萌えもんなんです

こちらは、安心して読めますよww

インフォコネクト図書館:メイドインアビス(つくしあきひと)

まとめ

そんな感じで、背景描写とキャラクターの可愛さ、キャラクター自体のストーリーに注目しながら読んでいただくのをオススメします!!

こちらまだまだ完結していませんので、これからの展開が楽しみなのは間違いないです。

スタッフブログ」の関連記事

インフォコネクトに
相談してみませんか?

経営コンサルティングやITサービス活用支援、ホームページ制作などに関するご依頼や、ご質問・ご相談など、なんでもお気軽にお問い合わせください。