CybozuDays2018Tokyo「楽しいは正義」参加レポ!

インフォコネクト・スタッフブログ

 

CybozuDays2018Tokyo

 
こんにちは、業務ハッカーERIです。
11月7・8日と幕張メッセで開催されたCybozuDays2018Tokyoに2日間参加してきました。

CybozuDaysには初めての参加となるので、前日からワクワクドキドキが止まりませんでした。

 
CybozuDays2018Tokyo

 
会場の幕張メッセに入るとまず目に飛び込んでくるのがサーカスをイメージさせる展示ブースで、「楽しいは正義」というコンセプトそのままにワクドキ感が高まったのは言うまでもありません。

入ってすぐのフォトスポットで早速記念撮影!
更に気分が高まるなか社長も負けじとミニゲームに挑戦し、入場早々に良い汗をかかされました(笑)。

 
CybozuDays2018Tokyo

 
展示ブースでは名古屋などのイベントには参加していた私も圧倒されてしまう程の出店数があり、地元松阪では遭遇できないくらい多くの来場者でにぎわいを見せていました。

ブースを回るまではほとんど若い方ばかりが参加されるのかと考えていましたが、思いのほか年齢の高い企業の上層的な方もかなり見かけたのには驚きました。
やっぱり最先端の都心部にある企業の上層部の方々は、新しいものをどんどん取り入れていこうという柔軟な発想を持っておられるのかなと妙に納得してしまいました。

そんなお偉いさんでも私たちと同じように?童心に帰って楽しめる演出が盛りだくさんの会場。
ブースによってはスタッフがコスプレしていたり、至る所に神出鬼没なパフォーマーが大道芸していたり、サーカス団の団長よろしく青野社長が会場内を練り歩くなど、まさに「楽しいは正義」一色でした。

 
CybozuDays2018Tokyo

 
参加させていただいたセッションは「kintone hive tokyo vol.8」と「kintone hack NIGHT」。
いかにkintoneが自社に変化をもたらしたか、強く貢献できたのかなどを競ったり、kintoneの活用術や事例紹介などなど。

kintone+プラグイン製品のプレゼンではテレビで見るような賞レースみたいで、プレゼンターの熱量がすごく伝わり素直にプレゼン内容に感動と参加者が楽しめるエンターテイメント性に心を奪われました。
それに採点中に披露される小マジックにも心奪われ、「どんだけ心奪われてんねん!」と、自分にツッコミを入れる程でした(笑)。

このようなエンタメ性溢れるプレゼンで、kintoneとしての勉強もさることながら、聴衆を惹きつけるプレゼンとしても勉強になり楽しく参加させていただきました。

 
CybozuDays2018Tokyo

 
実はこの2日間で一番楽しみにしていたのが最終日の大トリ「サイボウズ青野×山里亮太氏特別対談」。

サイボウズ社長の青野さんと南海キャンディーズの山ちゃんによるスペシャル対談!
山ちゃんの本の話題や、南海キャンディーズに至るまで(NSC時代、別の芸人とコンビを組んでいた時、M-1で敗退した時)の苦悩や同期芸人に対する思い(妬み嫉みオンリー)それを原動力にする方法など・・・

あまりITには関係ないような話ばかりでしたが、「働き方」という見方からすると、人それぞれの働き方があるんだということで「楽しいは正義」のコンセプトへちゃんと着地していたのはさすがでした(笑)。

 
CybozuDays2018Tokyo

 
今回は「楽しいは正義」がコンセプトのCybozuDays2018ですが、実は「働き方改革」という大きなテーマがありました。

働き方改革と聞けば「長時間労働の見直し」や「残業時間の削減」などといった問題が思い浮かびますが、まずはスタッフやメンバーの「幸福度のアップ」が大切だということに気付かされました。

社員の幸せなくして会社の幸せなし、さらには日本の幸せにも繋がらない・・・。

逆を言えば、社員の幸せが会社の幸せに、さらには日本の幸せにも繋がっていくと思うと、それを自社内だけで実践するのではなく、参加者全員に「楽しい=幸せ」を還元するサイボウズの魅力に正義を感じさせられました。

それと同時に、ここまで大それたことではなくても、私たちも同じように社内やお客様に「楽しい=幸せ」を通じて働き方改革へのお手伝いができればなとあらためて感じたイベント2日間でした。

貴重な体験、本当にありがとうございました。

 
CybozuDays2018Tokyo

 

スタッフブログ」の関連記事

インフォコネクトに
相談してみませんか?

経営コンサルティングやITサービス活用支援、ホームページ制作などに関するご依頼や、ご質問・ご相談など、なんでもお気軽にお問い合わせください。