「RGB」「CMYK」「プロセスカラー」「スポットカラー(特色)」などデザイン業界で用いられるカラーについて

インフォコネクト・スタッフブログ

WebやDTP業界では頻繁に用いられる「RGB」や「CMYK」といった用語。ごく当たり前のように飛び交っていますが、業界とは関連のないお客様からすると「なにそれ?」って感じだと思います。

また、業界関係の方でも「プロセスカラー」や「スポットカラー(特色)」と聞いても、あまり詳しくは知らないって方もおられることと思います。
しかし、これらの「色」について最低限の知識を両者が理解しておかなければ、せっかくの制作物が「なんだかイメージしていた色と違う」なんてことになってしまうため注意が必要です!

そこで今回は、基本であるRGBとCMYKの違いに加え、プロセスカラーとスポットカラー(特色)についても簡単にご紹介してみたいと思います。

 

「CMYK」「RGB」「プロセスカラー」「スポットカラー(特色)」などデザイン業界で用いられるカラーについて

RGBとCMYKの違いは「光」と「色」の違い

RGB
R=レッド、G=グリーン、B=ブルーという3色の「光」を掛け合わせることで、幅広い色を表現するものです。CMYKとは違い、掛け合わせれば合わせるほど明るい色へと変化していきます。
皆さんご存知の、液晶テレビやパソコン・スマートフォンなどのディスプレイによる映像表示に広く使われています。

CMYK
C=シアン、M=マゼンダ、Y=イエローの3色と、K=キープレート(ブラック)の4つの頭文字を取ったもので、絵具を混ぜるように混ぜれば混ぜるほど暗い色へと変化していきます。通常のカラー印刷がこのCMYKで表現され、「プロセスカラー」と呼ばれています。
ただし、金や銀、蛍光色などCMYK4色では再現できないものがあり、それらを表現するために調合された特別なインクを使用する必要があります。これが「スポットカラー(特色)」と呼ばれています。

 

RGBとCMYKの注意点

実際に印刷する場合、色を表現するものは「インク」です。
通常のインクではRGB形式の色を表現できないため、CMYK形式への変換をする必要があります。

ただし、単にRGBからCMYKに変換するだけでは近似値で置き換えられてしまうため、くすんだ感じになるだけで当初の表現色とは違ったイメージとなってしまいます。さらに、再度CMYKからRGBへと変換し直しても、元の鮮明なRGBの表現色には戻りません
そのため、会社のロゴマークといったカラー精度が求められるものについては、RGBとCMYKそれぞれのカーラーコードを指定して納品することが一般的です。

 

プロセスカラーとスポットカラーの注意点

前述の通り、印刷時に使用される「色」には、プロセスカラーとスポットカラー(特色)がありますが、それぞれの特徴を踏まえて使い分けることが重要になります。

カラー写真の印刷など、多数のカラーが必要な印刷の場合は通常プロセスカラーを使用します。
スポットカラーを使用する場合、印刷機にはスポットカラー毎にそれぞれ専用の刷版(プリントプレート)が必要となるため、その分印刷コストが掛かってしまいます。そのため、企業ロゴのようにカラー数が少ない代わりに高いカラー制度が求められる印刷の場合にはスポットカラーを使用し、多くの色の表現が必要な場合はプロセスカラーの使用をおすすめします。

また、高いカラー制度が求められるスポットカラーを指定する場合、「DIC」や「PANTONE」といった色見本やカラーチップを使用して特色指定をするのが通例となっています。

「CMYK」「RGB」「プロセスカラー」「スポットカラー(特色)」などデザイン業界で用いられるカラーについて

 

まとめ

このように「色」を簡単に紹介するだけでも、これだけのボリュームになってしまいますが、印刷物を頼んだ際の「仕上がりイメージの違い」はインク以外にも、用紙などの印刷対象物の違いなど様々な要因で起こり得ます。
業界に携わる私たち自身がこの辺をしっかりと把握したうえで、お客様にも事前に分かりやすく説明しておくことで納品後のトラブル発生を防ぐことにつながると言えるでしょう。

そこでインフォコネクトでは、画像で紹介したDICのカラーガイドや、その他の色見本などを利用してお客様と丁寧に打ち合わせを行うことで、納得していただける印刷物などを制作させていただいています。
ロゴマークから名刺や封筒、チラシ・リーフレットにポスターまで、ビジネスツール制作をご検討の方はお気軽にご連絡ご相談ください。
https://info-con.co.jp/contact/

 

スタッフブログ」の関連記事

インフォコネクトに
相談してみませんか?

経営コンサルティングやITサービス活用支援、ホームページ制作などに関するご依頼や、ご質問・ご相談など、なんでもお気軽にお問い合わせください。