ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

Google関連サービスの豆知識

こんにちは、チーフクリエイターのSHOJIです。

2022年3月16日、Googleからユニバーサルアナリティクス(UA)のサポート終了について発表がありました。世界で最もメジャーなアクセス解析ツールであるGoogleアナリティクス。その3世代目にあたる「ユニバーサルアナリティクス(以下 UA)」のサポートが2023年7月1日をもって終了となります。

公式:ユニバーサル アナリティクスのサポートは終了します
https://support.google.com/analytics/answer/11583528

新規でアナリティクスを設置するユーザーであればGoogleアナリティクス4(以下 GA4)で問題ないのですが、すでにUAを使ってアクセス解析を行っているユーザーにとっては大問題!

そこで今回は『ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効』と題して、既存のUAタグを使用したままUAとGA4両方のデータ収集を有効にする設定方法を解説していきます。

本記事は、UAタグを設置してアクセス解析を行っているGoogleアナリティクスユーザーを対象としており、その際「gtag.jsを利用している場合」と「gtag.jsを利用していない場合」の2パターンがありますので、それぞれのパターンにあわせて参考にしてみてください。

gtag.jsを利用している場合

下の図のように、すでにgtag.jsgtag.jsスニペット)を利用して計測している場合の移行は超簡単で、タイトル通り「既存のタグを使用してデータ収集を有効」にして測定を継続できます。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

ここでいう「既存タグ」というのは「UAタグ」のことを指しており、すでにWebページに設置してあるgtag.jsスニペットを新たに置き換えることなくGA4の計測が可能となるのです。

公式:既存のユニバーサルアナリティクスプロパティと並行してGoogleアナリティクス4(GA4)プロパティを設定する
https://support.google.com/analytics/answer/9744165

それでは実際に、GA4プロパティを作成する手順を見ていきましょう。

① まずはGoogle Analyticsにログインして[管理]→[プロパティ]→[GA4設定アシスタント]と進み「新しいGoogleアナリティクス4プロパティを作成する」の項目内「はじめに」をクリックします。このとき「未接続」と赤く表示されています。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

②「ウィザードの実行内容」の情報が表示されます。この時、gtag.jsを利用して計測している場合は「既存のタグを使用してデータ収集を有効にします。」にチェックが入っているため、チェックされた状態で[プロパティを作成]をクリックします。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

gtag.jsを利用していない場合(analytics.jsスニペットにて計測)は「既存のタグを使用してデータ収集を有効にします。」にチェックを入れることができず、これ以降の設定方法が違うため、次項の『gtag.jsを利用していない場合』を参考に設定を進めてください

③「GA4設定アシスタント」画面に戻り「接続済み」の表示へと切り替わっていればGA4への移行が完了となります。もちろん、既存のgtag.js スニペットを新たに置き換えるわけではないため、これまでと同様にUA計測もサービス終了まで続けることができます

また、GA4プロパティ画面にて接続確認を行うため[GA4プロパティを確認]をクリックします。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

④ GA4プロパティ内「アシスタントの設定」画面へと切り替わります。「XXXXに接続しました」の表示と「新しいGA4プロパティです。接続済みのユニバーサルアナリティクスプロパティに変更はありません。」と表示されていればOKです。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

⑤ さらに、左サイドメニュー[レポート]→[リアルタイム]と進んで、実際に測定が開始されているか確認します。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

ここまで確認して問題なく計測されていれば、既存のgtag.js スニペットを新たに置き換えることなくGA4タグへの移行が完了し、UAタグと併用してGA4タグによる測定を行うことができます

■□■ 追記 ■□■

上記の手順に加え、コンバージョンを設定するためにはGA4とUAタグそれぞれのタグが連携されていること(接続済み)が必須条件となります。

GA4プロパティから[データストリーム]→[ウェブ ストリームの詳細]へと進み、「追加の設定」項目内「接続済みのサイトタグ」をクリックします。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

⑦「接続済みのタグ」の画面が表示されたら[接続するタグのIDを入力します。]の入力ボックスに、連携するUAタグトラッキングID)を入力して[接続]をクリックします。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

⑧[接続]クリック後、GA4タグとUAタグの紐づけが完了すると「接続済みのタグ」として先ほど入力したトラッキングIDが表示されます。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

⑨「ウェブ ストリームの詳細」画面に戻って「追加の設定」項目内の表示が「1個を接続済み」と変わっていることを確認します。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

コンバージョン設定記事:『Googleアナリティクス4(GA4)のイベント・コンバージョン設定』
https://info-con.co.jp/tips/google-25-ga4_conversion/

gtag.jsを利用していない場合

下の図のように、gtag.jsを利用しておらずanalytics.jsanalytics.jsスニペット)を利用して計測を行っている場合は少しだけ設定に手間が掛かりますが、特に難しいわけではないので、手順通り進めていきましょう。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

① まずはGoogle Analyticsにログインして[管理]→[プロパティ]→[GA4設定アシスタント]と進み「新しいGoogleアナリティクス4プロパティを作成する」の項目内「はじめに」をクリックします。このとき「未接続」と赤く表示されています。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

②「ウィザードの実行内容」の情報が表示されます。この時に、gtag.jsを利用して計測していない場合は「既存のタグを使用してデータ収集を有効にします。」にチェックを入れることができないため、チェックが入ってない状態で[プロパティを作成]をクリックします。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

③「GA4設定アシスタント」画面に戻って「接続済み」へと切り替わっていることを確認します。さらに、GA4プロパティ画面にてUAタグとGA4タグの紐づけを行うため[GA4プロパティを確認]をクリックします。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

④ GA4プロパティ内「アシスタントの設定」画面へと切り替わるので「XXXXに接続しました」の表示と「新しいGA4プロパティです。接続済みのユニバーサルアナリティクスプロパティに変更はありません。」の表示を確認した上で[タグの設定]をクリックします。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

⑤「データストリーム」画面が表示されるので、該当するストリームをクリックします。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

⑥「ウェブストリームの詳細」画面内[既存のページ上のタグを使用する]をクリックします。

⑦「Googleアナリティクス」の項目に書かれている測定ID(または画面右上[測定ID])をコピーします。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

⑧ 測定IDをコピーしたら既存のUAプロパティ画面に戻り[トラッキング情報]→[トラッキングコード]と進んで、「ウェブサイトのトラッキング」項目内[接続済みのサイトタグ]をクリックします。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

⑨「接続済みのタグ」の画面が表示されたら[接続するタグのIDを入力します。]の入力ボックスに、先ほどコピーした測定IDを入力して[接続]をクリックします。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

⑩[接続]クリック後、UAタグとGA4タグの紐づけが完了すると「接続済みのタグ」として先ほど入力した測定IDが表示されます。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

analytics.jsスニペットではGA4タグによる計測ができないため、ウェブサイトのトラッキング画面に戻り「グローバルサイトタグ」項目に記載されているgtag.jsスニペットをコピーして、Webページに設置してあるanalytics.jsスニペットをgtag.jsスニペットに置き換えます

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

⑫ さらに、左サイドメニュー[レポート]→[リアルタイム]と進んで、実際に測定が開始されているか確認します。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

ここまで確認して問題なく計測されていればGA4タグへの移行が完了し、既存のUAタグと併用してGA4タグによる測定を行うことができるようになりました。

■□■ 追記 ■□■

上記の手順に加え、コンバージョンを設定するためにはGA4とUAタグそれぞれのタグが連携されていること(接続済み)が必須条件となります。

⑬ GA4プロパティから[データストリーム]→[ウェブ ストリームの詳細]へと進み、「追加の設定」項目内「接続済みのサイトタグ」をクリックします。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

⑭「接続済みのタグ」の画面が表示されたら[接続するタグのIDを入力します。]の入力ボックスに、連携するUAタグトラッキングID)を入力して[接続]をクリックします。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

⑮[接続]クリック後、GA4タグとUAタグの紐づけが完了すると「接続済みのタグ」として先ほど入力したトラッキングIDが表示されます。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

⑯「ウェブ ストリームの詳細」画面に戻って「追加の設定」項目内の表示が「1個を接続済み」と変わっていることを確認します。

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効

コンバージョン設定記事:『Googleアナリティクス4(GA4)のイベント・コンバージョン設定』
https://info-con.co.jp/tips/google-25-ga4_conversion/

あとがき

いかがでしたか?
ユニバーサルアナリティクス(UA)サポート終了に関するアナウンスを知らなかったユーザーからすると、アナリティクス管理画面にいきなり『2023年7月1日より、ユニバーサルアナリティクスでは標準プロパティで新しいデータの処理ができなくなります。それまでにGoogleアナリティクス4プロパティに切り替えて設定を進めておきましょう。』と表示されて驚かれたことと思います。

今回、既存のUAタグを使用しながらUAとGA4両方のデータ収集を有効にする手順を見ていきましたが「gtag.jsを利用している場合」は超簡単に設定が完了できました。

「gtag.jsを利用していない場合」でも少し面倒くさい手順ではありましたが、それほど難しくない設定だったのではないでしょうか。

今回ご紹介した設定で、Googleアナリティクス4(GA4)への移行が完了しただけではなく、併用してユニバーサルアナリティクス(UA)をサポート終了まで継続測定することができます。

また、現時点でGA4と連携ができないサーチコンソールも、この方法であればこれまで通り連携が可能になるため安心ですね。(※2022.03.29追記あり、下記参照

ただ一点注意が必要なのは、GA4プロパティ画面にて「イベントデータの保持」期間がデフォルトでは「2か月」となっているので、忘れずに「14か月」へと設定変更しておきましょう!

ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効 

追記:GA4とサーチコンソールの連携

GA4とサーチコンソールの連携については、GA4プロパティ内「サービスとのリンク」項目にある[Serch Consoleのリンク]から既存のサーチコンソールプロパティと連携ができるようです。

こちらの設定については、後日あらためて記事にしたいと思いますので、取り急ぎご連絡まで。

追加記事:Googleアナリティクス4(GA4)とサーチコンソールの連携方法
https://info-con.co.jp/tips/google-23-ga4_searchconsole/

GA4とサーチコンソールの連携

Googleアナリティクス4(GA4)関連記事
『Googleアナリティクス4(GA4)のイベント・コンバージョン設定』
https://info-con.co.jp/tips/google-25-ga4_conversion/

『Googleアナリティクス4(GA4)とWebサイトのアドセンス連携(Adsenseの収益・パブリッシャー広告レポート)』
https://info-con.co.jp/tips/google-24-ga4_adsense/

『Googleアナリティクス4(GA4)とサーチコンソールの連携方法』
https://info-con.co.jp/tips/google-23-ga4_searchconsole/

『ユニバーサルアナリティクス(UA)終了間近!Googleアナリティクス4(GA4)の超簡単移行ガイド:既存のタグを使用してデータ収集を有効』
https://info-con.co.jp/tips/google-22-ua_ga4/

 

Webの豆知識」の関連記事

インフォコネクトに
相談してみませんか?

経営コンサルティングやITサービス活用支援、ホームページ制作などに関するご依頼や、ご質問・ご相談など、なんでもお気軽にお問い合わせください。