iPhone Safariでスーパーリロード(キャッシュクリア)が簡単にできるショートカットの実装方法

インフォコネクトWebの豆知識

こんにちは、クリエイターのSHOJIです。
Web関連の開発業務に携わるエンジニアである以上、キャッシュの存在から逃れられず、開発中はキャッシュの更新が意外と手間に感じることと思います。

しかし残念ながら、現時点のiOSバージョン(13.6.1)では、スーパーリロードキャッシュクリアして強制的にロードすること)をPCブラウザのように簡単に実行することはできません。

そこで今回は、
iPhone(Safari)でスーパーリロードする方法
ショートカットアプリを使って簡単にスーパーリロードする方法
この2つをそれぞれご紹介したいと思います。
 

iPhone(Safari)でスーパーリロードする方法

簡単なスーパーリロード手順

① iPhoneの設定アプリを起動後[Safari]を選択
②[Safari]→[履歴とWebサイトデータを消去]を選択
③[履歴とデータを消去]を選択

これでキャッシュの削除ができますが、Cookie、閲覧履歴、タブも削除されてしまいます。
閲覧履歴とタブを維持したい場合は、[履歴とWebサイトデータを消去]での削除を避け、次に紹介する方法でキャッシュクリアことをお勧めします。

iPhone Safariでスーパーリロード(キャッシュクリア)が簡単にできるショートカットの実装方法
iPhone Safariでスーパーリロード(キャッシュクリア)が簡単にできるショートカットの実装方法
iPhone Safariでスーパーリロード(キャッシュクリア)が簡単にできるショートカットの実装方法

 

閲覧履歴とタブを維持したい場合

① iPhoneの設定アプリを起動後[Safari]→[詳細]を選択
②[詳細]→[Webサイトデータ]を選択
③ 任意のWebサイトデータを左にスワイプして[削除]を選択

③にて、画面下[全Webサイトデータを削除]で削除すると、safariのタブがすべて消去されてしまうので、Webサイトデータを個別で削除することをお勧めします。

iPhone Safariでスーパーリロード(キャッシュクリア)が簡単にできるショートカットの実装方法
iPhone Safariでスーパーリロード(キャッシュクリア)が簡単にできるショートカットの実装方法
iPhone Safariでスーパーリロード(キャッシュクリア)が簡単にできるショートカットの実装方法

 

ショートカットアプリを使って簡単にスーパーリロードする方法

準備編

① ショートカットアプリを起動
②[ショートカットを作成]を選択
③[アクションを追加]を選択

iPhone Safariでスーパーリロード(キャッシュクリア)が簡単にできるショートカットの実装方法
iPhone Safariでスーパーリロード(キャッシュクリア)が簡単にできるショートカットの実装方法
iPhone Safariでスーパーリロード(キャッシュクリア)が簡単にできるショートカットの実装方法

④[Web]のアイコンを選択
⑤[WebページでJavaScriptを実行]を選択
⑥ リロードをJavaScriptで実装
『completion(window.location.reload(true));』

iPhone Safariでスーパーリロード(キャッシュクリア)が簡単にできるショートカットの実装方法
iPhone Safariでスーパーリロード(キャッシュクリア)が簡単にできるショートカットの実装方法
iPhone Safariでスーパーリロード(キャッシュクリア)が簡単にできるショートカットの実装方法

⑦ 右上の三点リーダボタンを選択
⑧ アクションの名前、[ウィジェットに表示]をオフ、[共有シートに表示]をオン、共有シートタイプを[SafariのWebページ]にそれぞれ変更して完了を選択
⑨ 最後にもう一度完了を選択

iPhone Safariでスーパーリロード(キャッシュクリア)が簡単にできるショートカットの実装方法
iPhone Safariでスーパーリロード(キャッシュクリア)が簡単にできるショートカットの実装方法
iPhone Safariでスーパーリロード(キャッシュクリア)が簡単にできるショートカットの実装方法

 

実行編

① 任意のWebページをSafariで開いている状態で、画面下部の共有ボタンを選択
② アクションの中に追加されている[スーパーリロード]を選択
③ 初めて開いたページの場合、そのWebページに対してアクションがアクセスすることを許可するかどうかの確認が表示されるので、[許可]を選択することで実行される

iPhone Safariでスーパーリロード(キャッシュクリア)が簡単にできるショートカットの実装方法
iPhone Safariでスーパーリロード(キャッシュクリア)が簡単にできるショートカットの実装方法
iPhone Safariでスーパーリロード(キャッシュクリア)が簡単にできるショートカットの実装方法

 

最後に

今回ご紹介した方法では、Webサイトからのログアウトや、検索履歴の消去といったCookieの消去も行われてしまうので注意が必要ですが、現時点でのiOSのバージョン(13.6.1)のiPhone版safariでは、キャッシュだけを削除することはできません

Web開発者泣かせのiPhoneキャッシュクリア問題ですが、少しでも簡単楽々にスーパーリロードを実行できる方法として、今回ショートカットアプリを使った手順をご紹介いたしました。

ショートカットアプリはAppleの標準アプリで、JavaScriptの記述も短く難しいものではないので、日頃からWeb開発に携わっている方なら問題なく実装することができるかと思います。
iPhoneのキャッシュクリアにお困りの方は是非お試しいただけたらと思います。

Webの豆知識」の関連記事

インフォコネクトに
相談してみませんか?

経営コンサルティングやITサービス活用支援、ホームページ制作などに関するご依頼や、ご質問・ご相談など、なんでもお気軽にお問い合わせください。