オンラインホワイトボード「Jamboard」で遠隔でも効率的な共同作業!

Google関連サービスの豆知識

こんにちは。ディレクターのKAZUです。今回はクラウドで利用可能なGoogleのオンラインホワイトボードツール『Jamboard』をご紹介します。

直感的に操作ができるので、遠隔でも情報共有がスムーズにできるツールです。ふせん機能も便利で、Zoomでの遠隔会議やブレストなどの案出しにも役立つと思います。
 
 Jamboardとは
 Jamboardアプリの使い方
 Jamboardをシェア(共有)する方法
 Jamboardで遠隔作業を便利にしよう
 

Jamboardとは

Jamboard(ジャムボード)は、Googleが提供するオンラインホワイトボードアプリです。Googleアカウントがあれば無料で使えます。パソコン、スマホ、タブレットと、あらゆるデバイスから、あらゆる場所で、リアルタイムにホワイトボードを共同編集することができます。

 
動画内にある『55インチ型4Kディスプレイ』のホワイトボードも販売されていますが、本体価格は640,000円(Jamboardディスプレイ1台、タッチペン2本、消しゴム1個、壁掛け用マウント1台を含む)年間の管理費およびサポート費77,000円となかなか高価です。

無料アプリのみでも十分だと思いますし、ペンタブを使うのもいいと思います。
 

Jamboardアプリの使い方

ここからは実際のパソコンでも画面を見ながら、使い方を解説していきます。
まずはGoogle Jamboardhttps://jamboard.google.com/)にアクセスしてください。

オンラインホワイトボード「Jamboard」で遠隔でも効率的な共同作業!

右下の「新しいJam」ボタンから新規ファイルを作成できます。

ツールバーの各ツールの内容をご紹介します。

オンラインホワイトボード「Jamboard」で遠隔でも効率的な共同作業!

ペン:マウスやペンタブで自由に文字、図、イラストを描けます。
消去:消しゴムツールです。
選択:付箋や図形、テキストなどを選択して移動します。
付箋:付箋を好きな場所に貼れます。黄色、緑、ピンク、青、オレンジの5色から選べます。
画像:画像を挿入できます。
図形:丸、四角形、三角形、ひし形、角丸四角形、半円、帯、矢印を作れます。
テキストボックス:テキストを入力します。
レーザーポインター:講義などにも使える赤いポインターです。

これらの機能が無料で使えます。全員が同時にどんどん書き込める点や、綺麗な図形やテキストが作れるにおいては、リアルなホワイトボードよりも便利かもしれません。
 

Jamboardをシェア(共有)する方法

作業内容を、メンバーとシェアする方法をご紹介します。

まずは画面右上の「共有」マークをクリックして、共有設定画面を表示してください。

オンラインホワイトボード「Jamboard」で遠隔でも効率的な共同作業!

ユーザーやグループを追加する方法

入力ボックス[ユーザーやグループを追加]にメールアドレス(組織内の共有では名前でも可能)やグループメールを入力して共有できます。

複数のユーザーと共有する場合は、コンマ(,)でメールアドレスを区切って入力します。共有先が多数の場合は、次の「リンクを共有」がオススメです。

リンクごと共有する方法

「リンクを取得」内の[リンクをコピー]をクリックすると共有可能なリンクがコピーできます。リンクの設定は左下の変更ボタンから変更可能です。

「リンクを知っている全員」に設定すると楽ですが、万が一URLが流出してしまうと世界中誰でもアクセスできるようになるので、注意が必要です。

前述の「追加されたユーザーのみ」の設定の方が、セキュリティ面では無難でしょう。
 

Jamboardで遠隔作業を便利にしよう

以上、Google Jamboardの概要をご紹介しました。Zoomなどの遠隔会議では、同時に発声できないなどの理由もあり、周りを伺いながらの会議になりがちだと思います。

そんなときにJamboardでURLをみんなで共有しながら会議をすれば、意見交換がスムーズになるのではないでしょうか。皆さんも、ぜひ試してみてください。

Webの豆知識」の関連記事

インフォコネクトに
相談してみませんか?

経営コンサルティングやITサービス活用支援、ホームページ制作などに関するご依頼や、ご質問・ご相談など、なんでもお気軽にお問い合わせください。