Google AdSense(アドセンス)海外の広告をブロックして収益UP

Google関連サービスの豆知識

こんにちは、チーフクリエイターのSHOJIです。

「収益にはこだわらない」と豪語して始まったアドセンス運用ですが、そこはやはり「どうせ運用するなら」とアドセンスの深い沼からの手招きに誘われつつ、改善の日々を送っております。

ですが、あくまでブログによる「情報共有」という大前提のもと改善を続けていますので、今後のアドセンスネタに乞うご期待です笑。

と、前置きが久しぶりに長くなった今回のアドセンス豆知識では『Google AdSense(アドセンス)海外の広告をブロックして収益UP』と題して、海外の広告をブロックする方法についてご紹介してみたいと思います。

海外の広告をブロックする手順

ブロックする方法はとても簡単ですので、手順に沿って進めていきましょう。

①[ブロックのコントロール]をクリックし「広告レビューセンター」を表示

② 画面内の検索ボックスをクリック

Google AdSense(アドセンス)海外の広告をブロックして収益UP

③ 選択ウィンドウ内の[言語]を選択

Google AdSense(アドセンス)海外の広告をブロックして収益UP

「日本語」以外の言語にチェックを入れ[適用]をクリック

Google AdSense(アドセンス)海外の広告をブロックして収益UP

⑤ 日本語以外の広告一覧が表示される

⑥ 左下の[この広告をブロックします。]ボタンをクリック

Google AdSense(アドセンス)海外の広告をブロックして収益UP

⑦「広告をブロックしました」と表示される

Google AdSense(アドセンス)海外の広告をブロックして収益UP

ここまでの操作で海外の広告をブロックできました。

ただし、海外の広告としてフィルタ表示された中には、日本国内の広告も混じっている場合があるため、間違ってブロックしてしまわないよう注意が必要です。

また、手順②の検索ボックスからフィルタをかける際、「優先的に審査」「表示回数が最も多い」「審査済み」どの項目でも同様の操作になります。
 

海外広告のブロックに至った経緯

弊社ブログはWeb関連のHowToやトラブルシューティングの記事も多いため、海外からのアクセスが頻繁にあり、それに伴って、海外の広告もレビューセンターに上がってくるようです。

しかしながら、2020年12月1日~2021年11月30日までの1年間の統計で見てみると、ユーザーの約98%は国内からのアクセスで、海外からのアクセスで最も多いアメリカをとっても0.5%と少数であることが分かります。

Google AdSense(アドセンス)海外の広告をブロックして収益UP

日本国内を前提としたブログであることを考慮すると、この約2%の海外ユーザーのために海外広告を表示許可するよりも、クリックされる確率の高い国内の広告をより多く表示させた方が収益UPに繋がるであろうという観点から、海外の広告をブロックする決断に至りました。

多数の改善を同時に行っているため、海外広告のブロックだけでどれほどの効果が発生したのかは定かではありませんが、それなりに効果が出ているはず!と信じて、今後も様子を見ていきたいと思います。

あとがき

シリーズ化した感のあるSHOJIがお届けするアドセンスの豆知識ですが、この記事が2021年最後となります。

2021年10月29日よりスタートした弊社のアドセンス運用ですが、このブログで情報共有することで、皆さまに少しでもお役に立てればという想いで続けている「改善」の成果が、少しづつ現れていることを実感しています。

今回お届けした「海外広告のブロック」もその一つでしたが、年明けからはそれ以外に行った改善についてシェアしていきたいと考えています。

少しだけ例を挙げてみると、
・条件分岐を利用して収益アップ
・プラグイン「AdSense Invalid Click Protector」の使い方
・アナリティクス連携で不正アクセスのIPアドレスを取得
などを考えていますので、2022年のアドセンス豆知識もこうご期待です♪

Google AdSense 関連記事
『アドセンス狩り対策!Ad Invalid Click Protector(AICP)設定方法【WordPressプラグイン】』
https://info-con.co.jp/tips/google-19-adsense-invalid-click-protector/

『Google AdSense(アドセンス)海外の広告をブロックして収益UP』
https://info-con.co.jp/tips/google-18-adsense-block-overseas-advertising/

『Google AdSense 法人限定「お支払いサービスのユーザー」の追加手順』
https://info-con.co.jp/tips/google-17-adsense-add-payment-service-users/

『Googleアドセンスで銀行口座の登録からデポジット入金確認までの手順』
https://info-con.co.jp/tips/google-16-adsense-deposit/

『Googleアドセンスで法人が米国税務情報(W-8BEN-E)を提出する手順』
https://info-con.co.jp/tips/google-15-us-tax-information/

『Google AdSense「正式な氏名がアカウント名と一致していない」の対応』
https://info-con.co.jp/tips/google-14-tax-information-alert/

『Google AdSense(アドセンス)PIN「住所確認が必要なため、お支払いが保留されています」の対応』
https://info-con.co.jp/tips/google-13-adsense-pin-code/

『Google AdSense(アドセンス)GDPRとCCPAの対応について』
https://info-con.co.jp/tips/google-12-adsense-gdpr-ccpa/

『AdSense(アドセンス)「Googleのsellers.jsonファイルに販売者情報を公開することをおすすめします。」の対応』
https://info-con.co.jp/tips/google-11-adsense-sellers-json/

『Google AdSense(アドセンス)「収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」の対応』
https://info-con.co.jp/tips/google-10-adsense-ads-txt/

『アドセンス狩り対策にも必須!Google AdSenseとAnalyticsを連携する』
https://info-con.co.jp/tips/google-09-adsense-analytics-alignment/

『Google AdSense(アドセンス)アカウント共有!法人アカウントで複数のユーザーを追加して管理する方法』
https://info-con.co.jp/tips/google-08-adsense-share-account/

『企業サイトをGoogle AdSense(アドセンス)に申請する手順』
https://info-con.co.jp/tips/google-07-adsense-apply/

Webの豆知識」の関連記事

インフォコネクトに
相談してみませんか?

経営コンサルティングやITサービス活用支援、ホームページ制作などに関するご依頼や、ご質問・ご相談など、なんでもお気軽にお問い合わせください。